注目キーワード
  1. 初心者

オススメのバンド紹介➄「サカナクション」

自分が所用で北海道にいるんですが、「北海道出身のバンドって何がいるんだ?」って思って調べてみたら、なんと大好きな「サカナクション」が北海道出身だったので、紹介したいと思います!

メンバー紹介

山口一郎

ギターボーカル担当。ほとんどの楽曲の作詞作曲を担当しています。

使用ギターはRickenbacker330とかgibson ES 335とかのセミアコ系を使うことが多いですね。

無類の釣り好きとして知られ、「釣りで食っていけるなら音楽はやらなかった」という釣りキチぶり。

「サカナクション」というバンド名の由来も

「サカナ」+「アクション」=「サカナクション」という造語から名付けられたそうです。

楽曲も釣りに関して歌ったものが多数ありますし、MVで実際に釣りをしていたりしているので、見てると釣りしたくなります(笑)

岩寺基晴

リードギター担当。

使用ギターはG&L ASAT Special や Gibson SG Standardなど楽曲によって結構使い分けている感じです。

G&L ASAT Specialがアイコン的なギターのように感じます。

個人的に少ない音数でカッコよいギターソロ弾くのがすごいなーって思うことが多いですね。

流石プロって感じです。

人柄の良さがわかる動画!

草刈愛美

ベース担当。

使用ベースはFender Jazz BASS ’77を使っています。

出典:blog.livedoor.jp

ベースの腕前はかなりのもので、サカナクションの変則的なリズムな曲でも安定して弾きこなします。

ベースマガジンでも特集されていて

絶妙のグルーヴを操る新進気鋭の女流ベーシスト、草刈愛美。ベースの真価に迫ろうという気概すら感じさせるプレイは、圧倒的なインパクトを放ち、聴く者を魅了する。

BASS MAGAZINE  2010年4月号 より抜粋

と高い評価を受けています。

岡崎英美

キーボード担当。

サカナクションの楽曲はシンセ感が強い曲が多いので、非常に重要な役割をこなしています。

音作りに対する熱意が非常に高く、ピアノの音色も曲ごとに細かく質を変えています。

音へのこだわりが見て取れる記事がありまして、

私は音色だけでなく、演奏しながら音量も変化をつけるようになったんです。例えばピアノという楽器は、弾いた瞬間から音量が減衰していきますから、演奏表現としては「ベロシティーで強弱を出す」という考え方ですよね。でも、弦楽器だとかサステインが長い音色をシンセで鳴らす時は、アーティキュレーションだとか、あとエクスプレッションの動きを細かく設定するんです。アタックがあって、そこからちょっと音量が下がって、後からグワッと盛り上がっていくとか。私はシンセを手弾きする際も、そういうことを演奏しながら手でコントロールしちゃうんです。

Roland music navi より抜粋

とインタビューで話されていたりして音色に対するこだわりが強いのが分かります。

江島啓一

ドラム担当。

サカナクションはダンスミュージックなので、普通のロックとはまた違うプレイスタイルになると思うんですが、

基本はダンス・ミュージックだから、一定のリズムをキープし続けるっていうのが大前提にあるんだけど、それと歌をちゃんとミックスさせたいっていうのがサカナクションのコンセプトとしてあると思うんです。歌がただ単純に一定のリズムに乗ったっていうだけではなくて、歌が気持ちよく聞こえるリズムになるっていうのを目指してやっていますね。踊れるし、歌も聞けるしっていうね。

スクールオブロック 放送後記より抜粋

と語っています。

考え方がホントに縁の下の力持ちって感じですよね。

ドラムが下手だと他が上手くてもグダグダになるんで、サカナクションの楽曲が乗れるのは江島さんあってこそって感じです。

サカナクション公式Twitterより
こんな企画もしちゃったり(笑)

オススメ楽曲

僕と花

サカナクションの中では割と抑え目な曲になるんですが、淡々と進むリズムが非常に心地良くて、自分は凄くフィーリングがあいますね。

あと、「夜が手を伸ばしそっと引っ張って」っていう歌詞が凄いエモくて好きです。

アルクアラウンド

オリエンタルなイントロが非常に特徴的な曲です。

自分はアルクアラウンドでサカナクションを知ったんですが、始めて聞いた時は衝撃的でしたね。

ここまで邦楽ロックにシンセサイザーがうまく取り込まれている楽曲を聞いたことがなかったので、速攻でアルバム買った思い出があります。

新宝島

色んな面でこれほど面白い楽曲はないですね。

まず楽曲がどうこうじゃなくてMVの内容が面白すぎますね。

完全にドリフの大爆笑のオマージュですね。

ただ面白さだけじゃなく楽曲も凄く「レトロコミカル」な感じで非常に耳に残るメロディーです。

個人的にダウンピッキング主体で弾かれるギターソロが凄い好き。

音数が少ないのにちゃんとカッコいいのは流石って感じですね。


以上、サカナクションの紹介でした。

普通のロックバンドとは違う、スタイルに囚われないバンドだと思います。

楽曲がいい意味でブレるので聴いていて全然飽きないんですよね。

とりあえず聴いておいて損は絶対ないバンドなんで是非聴いてみてください!

それではよい音楽ライフを!

最新情報をチェックしよう!