注目キーワード
  1. 初心者

ギタリストのための音楽理論書決定版!

ちょっとギターが弾けるようになってくると、

「コードってそもそもどういう理屈なの?」

「曲ってどういう感じで出来てるの?」

などの音楽そのものに対する疑問を持つことがあると思います。

そういう時必要なのが音楽理論なんですが、勉強し始めてもなかなか理解するの難しいんですよね。

これは何でかというと、音楽理論を説明するほとんどの書籍が鍵盤を基準に説明をしているからです。

ギタリストにとって馴染みのない鍵盤上での話を理解しないといけないうえ、

鍵盤での理解をギターの指板上に落とし込む工程が必要になるので、ハードルが高くなるんです。

なので自分は「ギターの指板上で音楽理論を説明してくれる理論書があればいいなぁ」と思っていました。

そして今回はそんな願いを叶えてくれる理論書を紹介したいと思います。

 

ギターで覚える音楽理論

養父貴著「ギターで覚える音楽理論~確信を持ってプレイするために~」です。

始めに言っておきますと、これは音楽理論について全くゼロの状態で取り組む内容ではありません。

ですので、全くゼロの状態から学びたい方はこちらの理論書がオススメです。

「最後まで読み通せる音楽理論の本」→「ギターで覚える音楽理論」の順で読めばギタリストとして必要な音楽理論はほぼ網羅できると思います。

理論書を2冊こなすのはかなりハードですが、こなせれば今後一生の財産にもなりますので、志の高い方はぜひ取り組んでみてください。

「ギターで覚える音楽理論」の良いところ➀

この書籍のコンセプトが

ギタリストから見ると「なんでそうなるのよ!!」といった疑問に答えるべく、本書では“ギタリストの視点”から音楽理論を見つめ、ギタリストにとって実践的で本当に必要な知識を身に付けるべく、実際にギターで弾いて音を出しながら、あくまでも“音楽的に音楽理論に触れていく”ような内容にしてあります。

養父貴著「ギターで覚える音楽理論~確信を持ってプレイするために~」 まえがきより引用

と著者が述べているように、ギタリストにとって疑問に感じやすい部分を丁寧に解説してくれているので、スッと頭に入りやすいんです。

具体的にどんな工夫がなされているかというと、五線譜での表記が指板上の図に落とし込まれています。

そのため、自分で五線譜の表記を指板上に変換する手間がないためすんなりと余計な工程がありません。

加えて、例えば普通の理論書では「パワーコード」の扱いってほとんど記載がないんですよ。

それは「パワーコード」が音楽理論的には例外的なものだからなんです。

ですけど「パワーコード」自体はギターの世界では当たり前のように使われますよね。

そのようなギタリストだからこそ思う「なんで?」って疑問も詳しく説明があります。

読むと分かるんですが、ほんとにギタリストに特化した理論書だなーって感じます。

「ギターで覚える音楽理論」の良いところ②

話の構成が非常にシステマティックに練られています。

この書籍は前から順番に読んでいかないと絶対に話についていけません。

それは、本の構成が前から順に読み下していく構成になっていて、それが最も効率の良い知識の習得の順番になっているからなんです。

読み進めていくと分かるんですが、ホントに理解しやすいですよ。

AだからB、ということはC。みたいな感じでさっくり腑に落ちます。

 


内容を載せる訳にはいかないので言葉での説明しかできないのがもどかしいですが、間違いなくギタリストにとっては一番わかりやすい理論書だと思います。

少なくとも4~5冊ぐらい理論書を挫折してきた自分にとっては一番わかりやすい理論書でした!

ちなみに、ギターに↓のようなスケールシール貼ると練習がかなり捗るのでオススメですよ!

それではよいギターライフを!

最新情報をチェックしよう!