注目キーワード
  1. 初心者

弦交換のやり方を簡潔に説明しようと思う!(両側3連ヘッド編)

弦交換って最初分かりずらいですよね。

自分も最初の数回は間違ったところで弦を切っちゃったり、ペグを回す方向を間違えたり失敗ばかりでした。

そこで、ちょうど弦交換しなきゃいけないギターが出てきたので交換がてら説明したいと思います。

今回はこのサイレントギターの弦を交換します。

1年以上放置するとこれだけ弦が錆びてしまいます。(皆さんは1年も放置しちゃダメですよ……)

早速交換していきましょう!

 

まずは弦を外しましょう

6~4弦側は手前(ネック側)に向かってペグを回すと弦が緩みます。

3~1弦側は奥(ヘッド側)に向かってペグを回すと弦が緩みます。

指が入るぐらい緩んだらOKです。

5フレットらへんで弦をカットします。

ヘッド側はペグ穴から弦を引き抜き、ブリッジ側も弦を引き抜きます。

弦が外れました。

指板のメンテナンスをしない場合はこのまま弦を張ればいいですが、せっかくなのでメンテナンスします。

指板のメンテナンスをしましょう

指板にレモンオイルを塗っていきます。

クロスにレモンオイルを2~3滴垂らし、指板を拭いていきます。

強く擦ると指板によくないので、優しく拭ってください。

オイルが足りなくなったら、少量づつ足していきます。

弦を張りましょう

指板のメンテナンスができましたら、さっそく弦を張っていきます。

弦を張る前にペグ穴を揃えておくとやりやすいです。

※ここからの工程は大事な部分なので間違えないように気をつけてください!

ギターの弦は新品の状態だと必要以上に長いのでカットする必要があります。

ブリッジからしっかりと弦を張った状態で下記の画像の位置でカットしていきます。

カットできましたら弦を巻いていきます。

6~4弦は1センチ程度弦がペグから出るようして、に折り曲げます。

弦を押さえながら、ペグを奥(ヘッド側)に回していくと弦が巻かれていきます。

3~1弦も1センチ程度弦がペグから出るようにして、に折り曲げます。

弦を押さえながら、ペグを手前(ネック側)に回していくと弦が巻かれていきます。

全ての弦で、ある程度の張力(弾くと音が出るぐらい)を持つように巻いてください。

完成!

チューニングをすれば完成です!


以上、弦交換でした。

分かってしまえば簡単なんですが、最初は分かりずらいですよね。

やっていくうちにできるようになりますので、挑戦してみてください!

それではよいギターライフを!

最新情報をチェックしよう!