注目キーワード
  1. 初心者

弾き語りを上手く聞かせるための3つの技術!

どうもyurifoxです。

皆さん弾き語りはしてますか?

弾き語りってストロークでジャカジャカやるだけでも楽しいですよね。

ですけど、上手い人の動画などと比べると何か物足りなく感じることないですか?

実はちょっとした技術を使うだけで演奏にぐっと奥行きが出るんです。

今回は弾き語りに表現力を出す3つの技術を紹介したいと思います。

 

➀アルペジオ

アルペジオとはコードを押さえた状態で1弦づつピッキングしていく奏法です。

アルペジオは曲をメロディアスにするのに非常に効果的な奏法ですね。

↓アルペジオを曲で使うとこんな感じになります。

魔王魂

アルペジオのスタート地点はコードのルート音から始める(例えばCコードなら5弦)といい感じになります。

ルート音はコード上の一番太い弦って考えてもらって大丈夫です。

曲中の静かな部分で使ってもいいですし、コードを弾いた後に装飾音的に少し入れるのもアクセントになります。

➁ブリッジミュート

ブリッジミュートとはギターのブリッジ部分(弦を通すところらへん)に手のひらの一部を当てながらピッキングする奏法です。

エレキギターで多用される技術ですが、もちろんアコギの弾き語りでも効果的に使えます。

↓エレキギターでよく聞くのはこんな感じの音。(ズンズンジャーズンズンジャーの「ズンズン」の部分)

魔王魂

慣れればダウンピッキングだけでなくアップピッキングもミュートしながらできるようになります。

自分はリズムを強調したいときによく使います。

➂カッティング

きましたカッティング。

自分はギターの奏法の中で一番カッティングが好きです。超好きです。

他の楽器にはできないギターならではの奏法ですね。

カッティングは左手でミュート⇔押弦を繰り返しながら、ストロークしていく奏法です。

ブラッシング(左手でミュートをしたままストロークする奏法)の合間に押弦をするといったほうが近いかもしれません。

ミュートによってサステインがなくなるため、歯切れのよいサウンドになります。

幅広いジャンルで使われますが、ファンクなどのジャンルには相性ばつぐんです。

弾き語りではあらゆる場面で使えますが、最初は難しいと思うので歌わない間奏部分などが使いやすいと思います。

この記事書くにあたって色んな人のカッティングの動画見ましたが、右手の振りを見ているだけでご飯3杯いけますね。

カッティングは素晴らしい。

皆さんもカッティングの魅力を堪能してください。


この3つは弾き語りに表現力を出すうえで技術的に必要になってきます。

「ストロークばっかでマンネリだなー」

そう思っている方はぜひ練習してみてください。

きっとギターの新しい魅力が分かると思います!

自分は初め「ブリッジミュートとか音ほとんど聞こえんしやる必要あるのか?」とか思って練習しませんでした。

ですが、のちのち凄く必要な技術だと痛感したのでやっておいて損は絶対ないです。

まあ気楽に、気が向いたときにでも練習してみてください。

それではよいギターライフを!

最新情報をチェックしよう!