注目キーワード
  1. 初心者

最初はどんなギター買えばいいの?って疑問に簡潔に答えてみた!(アコギ編)

前回、エレキギター編を紹介したので今回はアコギ編になります。

今回も超簡潔にアドバイスします。

ぐだぐだ言っててもしょうがないので早速本題に入ります。

↓エレキギター編はこちら↓

最初はどんなギター買えばいいの?って疑問に簡潔に答えてみた。(エレキギター編)

アコギかエレアコか

アコースティックギターにはピックアップを内蔵した「エレクトリックアコースティックギター」通称エレアコといわれる種類があります。

この記事では通常の方を「アコギ」ピックアップ内蔵の方を「エレアコ」として説明します。

ではアコギとエレアコはどのように違うのかというと、アンプを通して音を出せるかどうかの差だけです。

ですので、将来的にライブなどでギターを弾きたい!って人はエレアコを選べばいいですし、まだそこまでは分からないって人はアコギを選べばいいと思います。

ポイント

「アコギ」

そのままではアンプを通して音が出せない。買う時の選択肢は多い。

 

「エレアコ」

アンプを通して音が出せる。買う時の選択肢は少なくなる。

ちなみにアコギ用の取り付け型ピックアップというものがあり、アコギをエレアコ化することもできますので、正直どっちを選んでもいいかなって気がします。

生音(アンプを通さない音)もアコギとエレアコで大差ないです。

木材による特徴

アコギのボディは「トップ材」「サイド材」「バック材」という3種類の木材を組み合わせて作られています。

エレキギターより明確に音に影響するので、ある程度は知っておいたほうがいいと思います。

トップ材

「スプルース」

明るくストロークにむいたサウンド。

 

「シダー」

柔らかく指弾きなどにむいたサウンド。

 

「マホガニー」

まれにトップ材で使われる。シダーよりも落ち着いたサウンド。

スプルースには「イングルマン・スプルース」など様々な種類がありますが、あくまで全体の傾向として考えてください。

コア材というトップ材もありますが、最初は選ばないほうが無難です。

サイド/バッグ材

「ローズウッド」

低音も高音もバランスよく鳴る印象

 

「マホガニー」

いい意味で軽い音がなる印象

 

「サペリ」

よくマホガニーの代わりとして使われます。ちょい硬めの音

 

「リラコード」

オベーションというメーカーのギターでよく使われます。木材でなく強化プラスチックなのでかなり独特な音がします。

サイド材バック材に関してはほとんどのギターで同じ素材が使われるため一括でまとめました。

他にも多くの種類があるんですけど、このくらい知っておけば大体大丈夫。

トップ材サイドバック材と説明しましたが、正直最初は木材に関しては気にしなくていいかと思います。

明るい音とか言われても人によって感じ方は違うと思いますし、見た目で選んだ方がモチベーション上がります。

カッタウェイの有無

カッタウェイとはギターのえぐれている部分の事です。

高音側の操作性を高めるために、こういう形になっています。

音については「カッタウェイがあると音量が小さくなるなどデメリットがある」とたまに見かけますが、それなりにギター弾いてきましたが1mmもデメリット感じませんでしたので、変わらないと思ってもらって大丈夫です。

自分はカッタウェイあったほうが断然カッコよく見えるので、カッタウェイ有のアコギを使ってます。

これも見た目で選んでOKです。

値段帯は3~5万台がいい

安すぎるとチューニングが狂いやすかったりするので、 値段帯は3万~5万円ぐらいが初めてのアコギにはいいと思います。

3~5万円台おすすめメーカー

「YAMAHA」

特徴がないのが特徴です。それだけバランスがいい音ということですね

 

「Morris」

コード弾きが綺麗に鳴る印象。こちらもバランスがいいです。

 

「Headway」

上記2メーカーより選択肢は少なくなりますが超オススメ。品質高いです。ただ5万円近くはすると思います。

他にはS.yairiやK.yairiなどもオススメです。

ネットで買う場合は上記のおすすめメーカーを「デジマート」で検索してみてください。

中古で買う場合の注意点

フレット残、トラスロッド残、ボディ割れ、ネックコンディションなどの表記に気をつけてください。

ネットで買う際注意する項目

「フレット残」

フレットの残りの量 〇分山とか〇〇%とかで表記されます。8~9割残ってれば大丈夫

 

「トラスロッド」

ネックの内部に入っている曲がりを調整する棒。「ロットが一杯」とか「ロット残少な目」とか書いてあったら避けましょう

 

「ボディ割れ」

ボディに割れがあったり。修理した後などがあるやつ。なんか気分的に嫌。

 

「ネックコンディション」

「順ぞり」とか「逆ぞり」とかあったらできるだけ止めましょう

 

「ブリッジ浮き」

ブリッジ(弦を通すところ)が浮いている状態。弦高が調整できないので避けましょう

以上の項目に気をつけてください。

ネットでも実店舗でもだいたいギターのコンディションをA~Dランクで分類してあることが多いので、「B+~A」ぐらいに分類してあるギターなら、大きな問題はないと思います。

 

さあ、購入しましょう!

さあ、さっそく購入しちゃいましょう!

再度書きますが、 よく「店舗で実際に見てみたほうがいいよ」ってアドバイスがありますが、個人的にはネットでもいいかなと思います。

それではよいギターライフを!

最新情報をチェックしよう!